バカラの基本ルールと賭け方

こんにちは、ラスベガスでカジノディーラーをしている片桐ロッキー寛士です。カジノの中で最も大金が動き、カジノの売上を大きく左右することからカジノゲームの王様とも呼ばれているのがバカラです。極めてシンプルなルールながらとても奥が深く、そのギャンブル性の高さでたくさんのカジノプレイヤーに愛されています。カジノ好き、カジノ慣れしている人なら、カジノ = バカラと想像する人がほとんどではないでしょうか?

バカラの基本

バカラはとにかくシンプルです。分かりやすく例えると「コインの裏か表」のどちらかを当てるという二者一択のゲームで、コインの代わりに、プレイヤー(PLAYER)とバンカー(BANKER)の仮想の2人が使われます。バカラはブラックジャックのようにディーラー 対 プレイヤーでもなければ、ゲームの進行中にカードを引く、引かないの選択肢もありません。ディーラーはただルールに従って両者にカードを2〜3枚ずつ配り、その合計が9に近い方が勝ち、プレイヤー(あなた)はプレイヤー(PLAYER)かバンカー(BANKER)のどちらが勝つのかを予想して賭けるだけです。

バカラのカードの点数と数え方

バカラのカードの数え方はブラックジャックとは少し異なり、Aは1点、2〜9はそのままの点数、10、J、Q、Kは全て0点となっていて、バカラ用語で「モンキー」と呼ばれています。条件次第で2〜3枚配られるカードの合計が2桁になった場合は、その下一桁のみが使われるルールとなっています。

バカラのカード追加条件

プレイヤーからバンカーと1枚ずつ、合計2枚のカードが配られ、その合計点数によって3枚目のカードを引くか引かないかが決められています。どちらとも最初の2枚の合計が8、9点だった場合はナチュラルとなり、相手は3枚目のカードを引く権利がなくなってしまいます。

プレイヤールール

♠ 2枚の合計が0〜5点の場合は3枚目を引く。
♥ 2枚の合計が6、7点の場合は3枚目を引かない。
♣ 2枚の合計が8、9点の場合はナチュラルとなり、バンカーはカードを追加しない。

バンカールール

バンカーはプレイヤーの3枚目のカードの点数により、カードを追加するかしないかが決められています。

♠ 2枚の合計が0〜2点の場合はカードを引く。
♥ 2枚の合計が3点の場合、プレイヤーの3枚目が8以外であれば追加カードを引く。
♣ 2枚の合計が4点の場合、プレイヤーの3枚目が2〜7であれば追加カードを引く。
♦ 2枚の合計が5点の場合、プレイヤーの3枚目が4〜7であれば追加カードを引く。
♠ 2枚の合計が6点の場合、プレイヤーの3枚目が6、7であれば追加カードを引く。
♥ 2枚の合計が7点の場合はカードを引かない。
♣ 2枚の合計が8、9点の場合はナチュラルとなり、プレイヤーはカードを追加しない。

※プレイヤーの2枚の合計が6、7点の時は、バンカー側にもプレイヤールールが採用され、2枚の合計が5以下の時のみ3枚目を追加します。

バカラの賭け方、配当と控除率

ラスベガスのバカラテーブルには基本的に4つの賭け方があります。

  • プレイヤー(PLAYER)

プレイヤーが勝つことに対して賭けるベットで、勝った場合は賭金の同額($100賭けていたら$100)が支払われます。

控除率 : 1.24%

  • バンカー(BANKER)

バンカーが勝つことに対して賭けるベットで、勝った場合は賭金から手数料として5%差し引かれた分($100賭けていたら$95)が支払われます。これはゲームのルール上バンカーが常に後攻で有利に設定されているためです。

控除率 : 1.06%

  • タイ(TIE)

タイは引き分けという意味です。タイに賭けていて、プレイヤーとバンカーの合計点が一緒だった場合は賭金の8倍が支払われます。($25賭けていたら$200の支払い)プレイヤーとバンカーの勝負に関係なく、同点にならなければ賭金は没収です。

控除率:  14.36%

  • ペア(PAIR)

ペアは最初に配られる2枚が8、8などの同じ数字になるかに賭けるベットです。ペアもタイと同じく、プレイヤーとバンカーの勝負に関係なく、ペアでなければ賭金は没収です。プレイヤーとバンカーのどちらか、又は両方に対しても賭けることができ、配当は11倍となっています。($10賭けていたら$110の支払い)

控除率:  10.40%

バカラの3枚目が配られる条件

バカラではある一定の条件を満たすと3枚目が配られます。
基本的にバカラではプレイヤーとバンカーに配られるトランプの数は2枚なんですが、条件が整った場合にのみ、3枚目が配られるんです。
ディーラーがルールに従ってカードを配布するのでこの3枚目が配られる条件を覚えなくてもゲームはできますが、3枚目が配られる条件を知っていればバカラが一段と楽しめるようになりますよ。以下に「3枚目が配られる条件」「3枚目が配れられない条件」について解説いたします。

  • プレイヤー、バンカーに3枚目が配られない条件

① ナチュラル9、ナチュラル8が出た場合は3枚目は配られない
理由:バカラでは最初の2枚の合計値が「9」または「8」になった時点で勝敗が決まるので、3枚目は配られません。
② バンカー、プレイヤー共に6か7の場合、3枚目は配られない
理由:プレイヤー「6」、バンカー「7」だとするとこの時点でバンカーの勝ちとなり、3枚目は配られません。

  • プレイヤーに3枚目が配られる条件

① プレイヤーの合計値が5以下のとき

  • バンカーに3枚目が配られる条件

① プレイヤーの3枚目のカード次第で変わる

  • 大事なポイント

① カジノではディーラーが完璧にルールを把握しているため、プレイヤーは待っていれば大丈夫です。
② 4枚目が配られることは絶対にありません。

さいごに

控除率を見ても分かるように、配当の高い賭け方は基本的プレイヤーに対して分が悪くできています。バカラで遊ぶ際はなるべくタイやペアには賭けない、又は強い予感がした時だけ賭けて、ゲーム中はプレイヤーかバンカーのどちらがが来るか、この1点だけに集中して遊びましょう。