ルーレットの賭け方 インサイドベット

ラスベガスでカジノディーラーをしている片桐ロッキー寛士です。ルーレットはディーラーが投げ入れた玉が落ちる場所の番号や色を当てるだけ、という単純明快なゲームです。「ルーレットの基本」でも少し触れましたが、ルーレットには大まかに分けて2つの賭け方があります。今回はその内の1つ、インサイドベットについて詳しく説明していきたいと思います。

ルーレットのインサイドベット

インサイドベットはレイアウトの内側に賭けるベット、一言でいってしまうと「数字に対して賭けるベット」です。なんだそれだけかぁ、と思われたかもしれませんが、数字に賭けるといっても色々な賭け方があり、その賭け方により配当もさまざまなのです。(ラスベガスで主流のダブルゼロ・ルーレットで説明します)

 

 

ストレートアップ(STRAIGHT UP)

  • ストレートアップは1つの数字に対して賭けることのできるベットです。賭け方 :  数字の真上にチップを置きます。
    配当 :   35 to 1(1枚のチップにつき35枚のチップ支払い)
    控除率 :  5.26%

 

 

スプリット(SPLIT)

  •  スプリットは2つの数字に対して賭けることのできるベットです。賭け方 :  2つの数字の間の線上にチップを置きます。
    配当 :   17 to 1(1枚チップにつき17枚のチップ支払い)
    控除率 :  5.26%

 

 

ストリート(STREET)

 

ストリートは3つの数字に対して賭けることのできるベットです。横に並んだ3つの数字、または0か00を含んだ3つの数字に対しても賭けることが出来ます。(0、00、2 と 0、1、2 と 00、2、3の3種類)

賭け方 :  横に並んだ3つの数字の端の線上にチップを置きます。
配当 :   11 to 1(1枚のチップにつき11枚のチップ支払い)
控除率 :  5.26%

 

コーナー(CORNER)

  • コーナーは4つの数字に対して賭けることのできるベットです。賭け方 :  4つの数字が交わる十字線上にチップを置きます。
    配当 :   8 to 1(1枚のチップにつき8枚のチップ支払い)
    控除率 :  5.26%

 

 

バスケット(BASCKET)

 

  • バスケットは0、00、1、2、3の5つの数字に対して賭けることのできるベットです。(シングルゼロ・ルーレットにはこのベットはありません)賭け方 :  5つの数字がまたがる線上にチップを置きます。
    配当 :   6 to 1(1枚のチップにつき6枚のチップ支払い)
    控除率 :  7.89%

 

 

ダブルストリート(DOUBLE STREET)

  • ダブルストリートは6つの数字に対して賭けることのできるベットです。賭け方 :  6つの数字がまたがる線上にチップを置きます。
    配当 :   5 to 1(1枚のチップに対し5枚チップの支払い)
    控除率 :  5.26%

 

 

 

カータシーライン(COURTESY LINE)

  • ダブルゼロ・ルーレットにだけある特別なベットで0、00のスプリットと同じです。0、00の間の線上にチップを置いてもいいのですが、反対側にいて手が届かない時などにこの賭け方をします。賭け方 :  2nd 12と3rd 12の間の線上にチップを置きます。
    配当 :   17 to 1(1枚のチップにつき7枚チップの支払い)
    控除率 :  5.26%

 

 

まとめ

このように、ルーレットのインサイドベットには様々な賭け方があります。ここで1つだけ注目していただきたいのがバスケットの控除率です。他のベットが全て5.26%に対してバスケットは7.89%にもなっています。バスケットはルーレットの中でプレイヤーに対しもっとも分が悪いベットなので、知識だけにとどめ実際に賭けることは絶対にやめましょう。