大金を賭けるハイローラーの遊び場ハイリミットルーム

こんにちは、ラスベガスでカジノディーラーをしている片桐ロッキー寛士です。

カジノにはたくさんの種類のゲームがあると同時に、そのテーブルによって賭け金の設定は様々です。カジノフロアではたくさんの人が各自に見合ったレートでカジノゲームを楽しんでいる中、常に大金を賭けて遊ぶプレイヤーのことをハイローラーと呼びます。ハイローラーと呼ばれるにはそのカジノでの上客、VIPと認識されることが条件となるわけですが、カジノ内にはそんな彼らのためだけに作られた特別なエリアが存在します。

ハイローラー専用のハイリミットエリア

この特別なエリアはハイリミット(ルーム)と呼ばれ、カジノがどのような客層をターゲットにしているのかで、その広さ、豪華さ、提供するサービスは大きく異なります。ハイローラーにも大小はあるものの、基本的にみなハイリミットでカジノゲームを楽しんでいるのです。では彼らはなぜハイリミットルームで遊ぶのか。その理由を簡単にまとめてみました。

最低賭金と最高賭金が高く設定されている

カジノにもよりけりですが、ラスベガスのカジノフロアでは平均の最低賭金(ミニマムベット)が$5、$10、$15、$25から、忙しい夜や週末になると$25、$50、$100から賭けられるようになっていて、最高賭金(マキシマムベット)は大体$2000から$5000までの設定となっています。

それに対してハイリミットルームではミニマムベットが最低でも$300からのスタート、テーブルによっては$500、$1000と上がっていきます。マキシマムベットは$10000、$20000、$50000とミニマムベットにより変わるものの、大きな金額を一度に賭けることができる設定となっています。※ミニマムとマキシマムの設定はカジノによって違います。

億以上の大金を持ってくるようなハイローラーから、マキシマムベット以上を賭けたいとの要望があった時に、カジノ側がそれを了承した場合のみ、マキシマムベットを更に吊り上げた専用のスペシャルリミットテーブルを用意することもあります。

特別な空間とサービス、そして静かな環境の中でゆったりと集中して遊ぶ事ができる

ハイリミットルームは一般のカジノフロアと差別化を図るために様々な工夫がされています。まずはそのアクセス、ハイローラーが宿泊する専用の部屋からすぐに行けるようになっていて、カジノによっては部屋からダイレクトに直通のエレベーターで行けるように作られている所もあります。

内装は豪華で特別な空間を演出しているのはもちろん、カジノフロアよりもカジノテーブル間のスペースも広く取られ、座る椅子も大きく心地の良いものが用意されています。そしてカジノフロアから離れた所、または別のフロアに設置されていることが多く、外からの音が入らずハイローラーがプレイに集中できるようになっています。

中には高級なお酒を取り揃えたバーや、ゆったりと休憩ができるラウンジエリア、食事ができるダイニングスペース、ハイリミット専用のキャッシャーまであり、ハイリミットの外に出なくても大抵のことは済ませられるようにされています。もし、その他にも必要なものがあれば、常に待機している専属のバトラーがどんなリクエストにも答えすぐに応対してくれます。※ハイリミットの設備、内容についてはカジノによって違います。

プライバシーとセキュリティーは万全

ハイローラーの中には世界的な有名人、歌手やスポーツ選手、俳優、女優、超大手会社の有名社長など、世間に顔と名前を知られている人もたくさんいます。こういう人たちのプライバシーを守るために、パーテーションで部屋を区切り半個室にしたり、カジノによってはプライベートゲーミングといって完全個室を用意しているところもあります。

ハイローラーによっては専属のガードマンを連れてくる人もいますが、そこにカジノのセキュリティーも加わるのでセキュリティー体制も万全です。ハイローラーはカジノ中に設置されている監視カメラからも常に見守られています。

カジノゲームのルールが一般用よりも易しく設定されている

ブラックジャックだとディーラーがソフト17でステイ、ルーレットだと0が1つしかないシングルゼロルーレット、バカラだと$100以下の余り分のコミッションは取らないなど、カジノフロアにある同じゲームと比べるとその内容はプレイヤー側に大きく優遇されていて、控除率が低めに設定されているのが一般的です。

大金を賭ける大きなリスクを背負って遊ぶハイローラーに対し、カジノからせめてものサービスと同時に、そうすることによりハイローラーが遊んでくれるような工夫でもあるのです。

しかし、どれだけゲームのルールが優遇されていたとしても、そこに控除率が存在する限り、長期的に見ればカジノ側が有利にゲームが出来ていることには変わりはありません。もちろんハイローラーは皆そんなことは承知の上で遊んでいます。

さいごに

このように、ハイリミットにはハイローラーがそこに定着して長く遊んでくれるように様々な仕掛けがされています。ハイローラーはカジノとって売り上げを大きく左右する大事な大事なお客さんなのです。

因みに、ハイリミットには誰でも入場することができます。( プライベートエリアは入場不可 ) ラスベガスに来たら、一度その雰囲気を味わうだけでも楽しい経験になると思うので、 ぜひ気軽に足を運んでみてください。