ブラックジャックのベーシックストラテジー

こんばんは、ラスベガスでカジノディーラーをしている片桐ロッキー寛士です。ブラックジャックで実際に遊んでみると、選択肢がいくつもあってその中からどれを選べばいいのか、考えたり悩んだりしてしまう場面が出てきます。詳しいルールや賭け方はこちらへどうぞ ↓

 ブラックジャックの基本ルール
 ブラックジャックの賭け方とオプション

しかし、ブラックジャックにはこの場合はこうするべき、その場合はそうするべき、とシュチュエーションによって取るべき行動が数学的に割り出されたベーシックストラテジー(基本戦略)というものが表になって存在します。表の通りにプレイするだけで、控除率は下がり、高い期待値を得ることができるようになっています。まずは表を見てみましょう。

無料でプレイ
  • 800以上のゲーム
  • しっかりした日本語サポート
  • 操作性抜群!

ブラックジャックのベーシックストラテジー表

ベーシックストラテジーの表です。見方はとても簡単、左タテに並んでいる数字がプレイヤーのハンド、上ヨコに並んでいる数字がディーラーの見せているアップカードです。その2つが交差する所に書かれている記号がその時にするべきアクションとなります。※ このベーシックストラテジーが有効となる条件は、ディーラールールがソフト17ヒットです。

  •  :ヒット     :ステイ  Dh:ダブルダウン(できなければヒット)
  • DS:ダブルダウン(できなければステイ) P :スプリット
    Ph :スプリット(スプリット後のダブルダウンができなければヒット)
  • Rh :サレンダー(できなければヒット)
  • Rs :サレンダー(できなければステイ)
  • Rp :サレンダー(できなければスプリット)

例えば、プレイヤーが合計16を持っていて、ディーラーのアップカードが7だとすると、交差する所にはHと書かれているのでヒットとなり、プレイヤーが9,9を持っていて、ディーラーのアップカードが7だとSと書かれているのでステイとなります。

ブラックジャックストラテジーの考え方

ブラックジャックストラテジーを語る上でキーになるカードが10,J、Q、Kのフェイスガードです。フェイスガードを引く確率は4/13、確率にすると32.5%にもなります。

これはディーラーも同じ条件なので、プレイヤーはディーラーのアップカードの下に伏せて隠れているホールカードを常にフェイスガードだと考えるのがセオリーになっています。表をよく見てみると、全てディーラーのホールカードがフェイスガードだった場合を想定しての行動が記されているのが分かるかと思います。

例えば、プレイヤーが9,9を持っていて、ディーラーが7を見せている時、表を見てみるとステイとなっていますよね。これはディーラーのホールカードを10と考え、ディーラーは合計で17を持っていると想定し、9,9を分けずに、合わせて18で勝負した方がいいということになるわけです。

全ては確率の元での話なので必ずそうなるとは言えませんが、1つ言えることは、確率は長い目で見ると必ず収束する、ということです。これがほとんどのブラックジャックプレイヤーがベーシックストラテジーに沿ってプレイする1番の理由だと思います。

 

おまけ

最後に、もう1つのベーシックストラテジーです。これが有効になる条件はディーラーが全ての17でステイする場合のみ、そして使われるカードは上と同じく4〜8組です。ラスベガスでこのディーラールールが適応されているブラックジャックは基本的にハイリミット(賭け金レートが高いテーブル)にしかありません。大きく勝負をされる方、したい方は是非こちらを参考にしてみてください。

  •  :ヒット     :ステイ  Dh:ダブルダウン(できなければヒット)
  • DS:ダブルダウン(できなければステイ) P :スプリット
  • Ph :スプリット(スプリット後のダブルダウンができなければヒット)
  • Rh :サレンダー(できなければヒット)

 

あなたのためのカジノ ボーナス

  • ウェルカムパッケージで最大200000円!
  • ライバルプレイヤーとの戦いが熱くなる限定イベントも充実!
  • 有名カジノゲームプロバイダーによる500以上のゲームを楽しめる!
© 2018 casinoluv.netはカジノガイドであり、いかなるカジノにも属しません