プロフィール お問い合わせ ブラックジャックの基本ルール

こんにちは、ラスベガスでカジノディーラーをしている片桐ロッキー寛士です。ラスベガスでもっとも人気が高く、定番中の定番ゲームといえばブラックジャックです。映画でもよく使われるゲームで「レインマン」や「ラスベガスをぶっつぶせ」などで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。ブラックジャックはルールはシンプルながらとても奥が深く、数学的にカジノよりも有利に戦える唯一のゲームでもあります。今回はそんなブラックジャックの基本的ルールについて説明したいと思います。

無料でプレイ
  • 800以上のゲーム
  • しっかりした日本語サポート
  • 操作性抜群!

ブラックジャックのルール

ブラックジャックはディーラーとプレイヤーが対戦するゲームです。ルールは至ってシンプル、2枚以上のカードの合計が「21」に近いほうが勝ちとなります。まずはディーラーから向かって左側のプレイヤーから1枚ずつ、合計2枚のカードが配られます。ディーラーのカードは1枚だけ表向き(アップカード)、もう1枚はそのカードの下に裏向き(ホールカード)で隠れている形になります。ここで、左側の人から順に「21」に近づけるためにカードを追加する(ヒット)か、もしくはそのままの2枚で勝負する(ステイ)かの選択肢が与えられます。カードを追加して合計が「22」以上になると、バーストといって即負けとなってしまいます。ヒットするか、ステイするかはディーラーが見せているアップカードによって決めましょう。

ヒット(Hit)の仕方

カードを追加するヒットの場合は、手でテーブルを軽く2.3回叩いてください。

 

ステイ(Stay)の仕方

カードを追加しないステイの場合は、手のひらを下にして左右に振ります。ブラックジャックのディーラールール プレイヤーの判断が終わったら、最後にディーラーが裏向きになっているホールカードをひっくり返します。この時、ディーラーの2枚のカードの合計が「17」以上であればステイ、それ以下であればヒットするルールとなっていますが、ディーラーもプレイヤーと同じく「22」以上になるとバーストします。ディーラーがバーストした場合は、場に残っているプレイヤー全員が無条件で勝ちとなります。

 

もし、ディーラーが「17」〜「21」のハンド(役)を作ってしまった場合は、プレイヤーのハンドがディーラーのハンドより数が多ければ勝ち、少なければ負け、同じ数だと引き分け(プッシュ)となりゲームが終了します。

ブラックジャックでのカードの数え方

ブラックジャックのカードの数え方は普通とは少し違います。このゲームにおいて特別なカードのAは、ハンドの状況によっては「1」か「11」かをプレイヤーが決めることが出来ます。2〜10はそのままの数字として数え、J(11)、Q(12)、K(13) は全て10として扱われます。10、J、Q、K を総称してフェイスカードといいます。

カードを追加する、しない

ブラックジャックでの意思表示は口で言うのではなく、必ず明確なハンドシグナルが求められます。

ソフトハンド

上の条件で、配られたカードがAと3だとすると、合計は「4」か「14」となりますよね。この様にAが「1」か「11」のどちらか選択肢がある状態のことをソフトハンドといいます。

ハードハンド

逆に、Aが「1」としか数えられない状態、例えば、配られたカードがAと6、そこに7が来ると、合計は14か24になってしまいます。しかし、21以上だとバーストで負けになってしまうので、この場合は無条件でハード14と数えるわけです。

ハンドとしてのブラックジャック

ゲームの名前にもなっているのがこのハンドです。配られた最初のカード2枚がAとフェイスガードのどれかだと、合計は11とはならず、無条件で最強のハンド「ブラックジャック」となります。

この場合の配当は1.5倍、(1.2倍の場合もあります。)しかし、もしプレイヤーもディーラーもハンドがブラックジャックだった場合はプッシュとなります。

ブラックジャックのレイアウト

最後にブラックジャックのテーブルレイアウトです。レイアウトの色やデザインはカジノによって様々ですが、書いてある内容はどこもだいたい同じものです。今回はもっともベーシックなタイプのレイアウトで説明します。

  • 1.ベッティングサークル(BETTING CIRCLE)

プレイヤーが賭けるチップを置くところです。サークルなのに写真では四角ですが、カジノによっては三角だったり、ロゴを適用していたりと様々なデザインがあります。要はそのデザインの上、枠内にしっかりチップを置くことが大切です。

  • 2.BLACKJACK PAYS 3 TO 2

これはブラックジャックのハンドが出た時の支払いが2枚のチップに対して3枚支払われますよ、ということが書いてあります。つまりは1.5倍の支払いです。カジノやブラックジャックの種類によっては6 TO 5と書かれていることもあり、この場合は5枚のチップに対して6枚、つまり1.2倍の支払いになります。

  • 3.DEALER MUST HIT SOFT 17

先ほど、ディーラーはカードの合計が17になるまでヒットするルールだと説明しましたが、ここに書かれているのは、ディーラーのハンドがソフト17(A+6とかA+2+4など)だった場合、ディーラーは更にカードを追加します、という意味です。

レートの高いテーブルだと、DEALER MUST STAND ALL 17と書かれていることがありますが、この場合はディーラーのハンドがソフト17でもディーラーはステイしますよ、ということになります。このルールだと、上のルールよりも少しだけプレイヤーにとって有利になります。

  • 4.INSURANCE PAYS 2 TO 1

ブラックジャックではある条件の元、保険という意味のインシュランス(INSURANCE)を買うことができるのですが、そのインシュランスにベットをした場合、その支払いは1に対して2支払われますよ、という意味です。インシュランスベットに関しては次回説明しますね。

ブラックジャックで遊ぶ前にレイアウトで確認するべきこと

遊ぶ前にレイアウトを見て必ず確認しておきたいのは、ブラックジャックハンドの支払い、そしてディーラーがソフト17でヒットするかしないかの2つです。最近では同じゲームでもブラックジャックハンドの支払いが本来の3 TO 2ではなく、6 TO 5を適用するカジノが増えてきました。せっかく遊ぶのなら配当の高い3 TO 2のルールで遊びたいものですよね。

あなたのためのカジノ ボーナス

  • ウェルカムパッケージで最大200000円!
  • ライバルプレイヤーとの戦いが熱くなる限定イベントも充実!
  • 有名カジノゲームプロバイダーによる500以上のゲームを楽しめる!
© 2018 casinoluv.netはカジノガイドであり、いかなるカジノにも属しません