モンテカルロ法

モンテカルロ法とは何ですか?

カジノ攻略法の1つとして「モンテカルロ法」というのがあります。マネーシステムの1つで、あるギャンブラーがモンテカルロにあるカジノを破産させたという噂があり、「1つのカジノを破産させるほど勝てる方法」という賭け方であるということで、覚えておいて損はありません。

2019年の最高のカジノ

  • 5回連続ボーナス
  • 監視トーナメントバトル!
カジノエックスオンラインカジノ Casino-X

無料プレイあり!

今すぐ登録

無料プレイあり!

今すぐ登録

1xBet スポーツブックを紹介

三よめえあ対指ヱキノヲ善
  • 20社のゲーミングプロバイ
  • ベットするごとにプロモポイントが貯まります

インペリアルカジノ(Imperial Casino)

三よめえあ対指ヱキノヲ善
  • 4回の100%ボーナス
  • 最高入金額20,000ドル

10Bet カジノ

三よめえあ対指ヱキノヲ善
  • 10Betカジノは2003年設立
  • 24時間ライブチャットサポート

モンテカルロ法のやり方と例

まず最初に紙に1、2、3と書きます(基本単位を1ドルとします)。両端の1と3を足すと答えは4ドルです。これが最初の掛け金となります。もし1回目で勝った場合はもう一度、4ドルを賭けます。負けた場合は、先ほどかいた1、2、3の数列にベット額の4を足します。数列は1、2、3、4となりました。この両端の1と4を足した数字がベット額になります。1回目に負けた場合、2回目のベット額は5ドルになりました。では3回目のベットは、もし2回目に勝っていた場合は、数字の両端を消します。このとき配当が2倍(1ドルかけて2ドルの配当)であれば数列の両端を1つずつ消します。そして残った数列の両端を足します。これが3回目のベット額になります。

1、2、3、4

↓ 勝ったので両端の数字を消します。

2、3

↓ 両端の数字を足した5が3回目のベット額

5

3回目のベット額は5ドルになります。2回目に勝った場合、配当が3倍の場合は両端の数字を2つずつ消します。1、2、3、4の両端の数字を消すと、数字がなくなり計算ができませんのでここで終了、3ドルの利益がでました。2回目に負けた場合はというと、2回目のベット額は5ドルでした。この数字5を数列に足します。そして数字の両端を足した数字が3回目のベット額になります。

1、2、3、4、5

↓両端の数字1と5を足して6

6ドルが3回目のベット額となります。

モンテカルロ法のタイプ

モンテカルロ法は負け額を一気に回収するタイプの必勝法と違い、ゲーム数を積んで徐々に取り返していく方法なので、リスクが少なく利益を出しやすい方法となっています。

モンテカルロ法シミュレーション

モンテカルロシミュレーションとは「自由なサイコロをいくつも作って何回も投げること」です。 普通のサイコロは1~6までの値が出る6面の立方体ですが、自由に面の数や出現する値をいじってサイコロを作ります。 例えばレストランを経営している人が「その日の来客数を予期する」「客の平均支払額を予期する」という2つのサイコロを持ってれば、オープン前にその2つのサイコロを投げて その日のおおよその売上を予測することができます。このレストランの経営者がやっていることが、モンテカルロシミュレーションです。

  • 簡単な例:サイコロを振る

上記のように、その日の来客数を占ってくれるサイコロと客の平均支払額を教えてくれるサイコロを、 1回だけでなく100回投げれば、100日分の売上を占ってくれます。 それは、サイコロを100回投げた結果から、平均的にこんなことが起こりそうだということを予測するということでもあるのです。もちろん一日などの短期間で見た場合は誤差が生じる場合はあり、また、確率的なシミュレーションを行うので厳密に正しい値を得ること はできませんが、長い目で見た時に、有効になってくるといえます。

まとめ

モンテカルロ法はずっと使われているマネーシステムなので、ぜひとも覚えておきたい賭け方の1つです。モンテカルロ法の利点として、ルールに則ってしっかりとプレイすれば、より確実に利益を残せるシステムベットであるといわれています。オンラインでは特にモンテカルロ法は使用しやすい戦略の一つであるので、さっそく紙とペンを用意して、モンテカルロ法を実践で行ってみてください!

 

あなたのためのカジノ ボーナス

  • ウェルカムパッケージで最大200000円!
  • ライバルプレイヤーとの戦いが熱くなる限定イベントも充実!
  • 有名カジノゲームプロバイダーによる500以上のゲームを楽しめる!
© 2019 casinoluv.netはカジノガイドであり、いかなるカジノにも属しません