Martingale_method

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法は、18世紀にフランスで考え出されたベッティングシステムでマーチンゲールの法則ともいわれます。カジノに限らずあらゆるギャンブルや、また投資の世界においても、このマーチンゲール法が必勝法として取り上げられています。世の中でのほとんどのマネーシステムがこのマーチンゲール法の亜流であるともいわれており、いかにマーチンゲール法がマネーシステムの王道であるかを表しています。

マーチンゲール法の仕組みについて

負けたら次にかける額を倍にし、もしも、また負けたらかける額をさらに倍にする。そして勝てば、確実に利益がでるという方法です。

実際にこのマーチンゲール法は、ルーレットやバカラだけでなく株取引やFXの取引でも使われています。

たとえ負け続けても、どこかで勝てば必ず利益がでるのがマーチンゲール法です。ちなみに13回連続で負ける確率は約0.012パーセントです。逆に勝てる確率は99.982%です。逆に勝てる確率は99.982%です。99.982%なら、ほぼ100%と言えます。よっぽど運の悪い人以外、ほぼ勝つことができます。

マーチンゲール法の使い方

勝負に負けたら次回の賭け金を前回の倍に増やします。2倍、4倍、8倍、16倍、32倍、64倍、128倍・・・と計算していきます。そして、勝負に勝ったら最初の投資額に戻します。例えば、ルーレットの赤黒など、50%の勝率のあるゲームで有効であるといわれています。

マーチンゲール法の使用例

まず最初に$1を賭けたとします。それで負けると、賭け金を2倍の$2にします。さらに負ければ、そのさらに2倍の$4、と賭け金を増やしていき、勝てば最初の賭け金$1に戻って繰り返す、という手法です。負け続けていても、勝てば、今までの負債が一気に解消される賭け方となっているのです。10回負けても20回負けても大丈夫という資金力がある人であれば、バカラなどのギャンブルでほぼ100パーセント勝つことができます。

マーチンゲール法のメリットとデメリット

メリット

連敗が続いて回収が困難となった損失額を、一度の勝ちで回収することができます。

連敗確率から考え、戦略的に負け額を回収することができます。

デメリット

連敗が続くと賭け金が増大してしまいます。

マキシマムベットの上限を超える賭け金は賭けることができません。

まとめ

マーチンゲール法は「理論上100%勝つことができる投資法」と言われているほど、実力のある必勝法です。勝率50%や、配当の倍率1倍のゲームで使うのに適しているでしょう。また、マーチンゲール法に適したゲームとして、「ルーレット」の赤黒賭け、ハイロー賭け、奇数偶数賭けや、カードゲームの「ブラックジャック」、「バカラ」があげられます。

おすすめのオンラインカジノ

「エンパイアカジノ」1ドルから遊ぶことができます。

「ベラジョンカジノ」日本語対応で登録時に無料でもらえる入金不要ボーナスもあります。

「カジ旅」他のプレイヤーと会話もできる新感覚のオンラインカジノです。

マーチンゲール法を活用してどんどん稼いでいきましょう!