Video-Poker-Tips

ポーカーのハンドランキング!

ハンドランキング

ポーカーハンドランキングをご紹介!どのハンドが強いのか、はたまた弱いのか?ポーカーのハンドのランクはポーカーを制するには必ず知っておかなければならない需要な基礎知識です。どのハンドがどのハンドよりも強いかを知らなければ、ポーカーをまともにプレイすることも出来ません。ポーカーは通常、自分が使えるカードから5枚のカードを使ってベストなものをハンドとします。ベストからワーストまでスターティングハンド表としてランク付けしていきますので、じっくり確認して正確に覚えましょう。

ロイヤルフラッシュ

ロイヤルフラッシュはポーカーのハンドの中でも最強であり、最強のストレートフラッシュとも言えます「A」 から「10」までの連続したカードからなります。スートの種類は問いませんが、すべて同じである必要があります。スペード、ハード、ダイヤ、クラブの「A-K-Q-J-10」というような組み合わせがあります。

ストレートフラッシュ

2番目に強いポーカーハンドはストレートフラッシュです。5枚の連続した同じスーツのカードです。もし2人のプレイヤーがストレートフラッシュを持っていた場合は高いカードを持っていた方の勝ちとなります。

フォーオブアカインド

日本ではフォーカードと言われることも多い、フォーオブアカインドは同じ数の4枚のカードです。もし2人のプレイヤーがフォーカードを 持っていた場合は高い数字のフォーカードを持っていた方が勝ちになります。もし2人が同じものを持っていたら、高い5枚目のカードを持っていた方が勝ちます。 ポーカーハンドは必ず5枚のカードで構成されるということに注意しましょう。

フルハウス

フルハウスはフォーオブアカインドの次に格付けされているハンドでスリーオブアカインド (スリーカード) とペアで構成されます。例えば「10-10-10-8-8」 は「テンズ・フルオフ・エイツ」と呼ばれるフルハウスです。最強のフルハウスは「A-A-A-K-K」 (エースィズ・フルオブ・キングズ) で一番弱いのが「2-2-2-3-3」となっています。もし2人のプレイヤーがフルハウスを持っていた場合、数字の高いスリーカードを持っている方の勝ちです。もし2人が同じものを持っていたら、ワンペアの部分を比べます。   

フラッシュ

これは全て同じスーツの5枚のカードで構成されます。フラッシュはテキサスホールデムではかなり強いハンドとされ、最も高位のフラッシュは全部が同じスーツの「A-K-Q-J-9」のようなエースを一番高いカードにしているハンドとなります。ホールデムではスペードの「A-K-5-4-2」のフラッシュとクラブの A-K-5-4-2 は同位とみなされます。またもし2人のプレイヤーがフラッシュを持っていた場合は数字の高いカードを持っていた方が勝ちます。

ストレート

これは一連の連続する数字の5枚のカードで構成されるハンドです。最強のストレートは「A-K-Q-J-10」で「ブロードウェイ」とも呼ばれます。ストレートの組み合わせは「5-4-3-2-A」まで下がり、これはポーカー用語では「ホイール」と呼ばれます。もし2人のプレイヤーがストレートを持っていた場合、高いカードを持っていた方が勝ちます。

スリーオブアカインド

日本ではスリーカードと呼ばれることも多いスリーオブアカインドは3枚の同じ数のカードで構成されています。もし2人のプレイヤーが同じスリーカードを 持っていた場合、他の1枚のカードまたは2枚のカードで勝者が決まります。

ツーペア

テキサスホールデムでは最も一般的なウィニングハンドのひとつです。その名の通り単純に2枚の同一カードが2組です。手元に「8-8」がありボードに「7-7-3」が出ていれば「8」と「7」のツーペアとなり、手元に「Q-J」とフロップで「A-Q-J」でもクイーンとジャックのツーペアができます。もし2人のプレイヤーがツーペアを持っていた場合、高い方のペアの数で勝者が決まります。もし2人の高い方のペアが同じなら、低い方のペアを比べます。もしそれも同じなら、5枚目のカードを比べます。

ワンペア

同一カード2枚が揃ったハンドです。ペアはスターティングハンドで「J-J」とするかまたは手元に「A-J」でボードの「A-10-9」と合わせてエースのペアを作ることもできます。テキサスホールデムでは手元に「K-Q」でボードに「8-8-2」でボードのカードでペアを作ることもできます。ここでは「8」のペアを作れましたが対戦相手も同じハンドができたことになります。また、ポーカーハンドは必ず5枚のカードで構成されているので、他の3枚のカードは「キッカー」と呼ばれています。もし2人のプレイヤーが同じワンペアを持っていた場合、より高いキッカーを持っている方が勝ちます。

ハイカード

日本では「ぶた」と言われるハンドのことです。他のハンドが何も完成していない場合は全てハイカードというハンドとなります。ハイカードも役としてとらえます。ワンペア以上を持っていない2人のプレイヤーがいた場合、最も高いカードを持っていた方が勝ちます。

自分のハンドが強いのかどうかを見極めることができるのは、ポーカーの核となるスキルの1つです。ハンドが強いのか弱いのかを確実に見極めるためには、ポーカーカードのコンビネーションなどといった多くの要素を判断する必要があります。またプレイヤーの数がハンドの強さを見極める要素にもなります。もし複数のプレイヤーがプレイに参加しているなら、彼らの動向を注意深く見るべきです。なぜなら彼らのうち誰かが強いハンドを持っている場合が多いからです。また対戦相手のスタイルも重要な要素であり、他にもプレイされているチップの量なども考慮する必要があります。こうした複雑な判断を数多くの経験を積むことで理解していくのですが、初めはまずとにかくスターティングハンドを覚えておくことから始めましょう。