ブラックジャック(Blackjack)

みなさんは、ブラックジャック(Blackjack)で遊んだことはあるでしょうか?ルールもシンプルですぐに覚えられるため、多くの人が一度ぐらいはプレイしたことがあると思います。ただし、お金をかけてギャンブルとしてプレイしたことのある人となるとけして多くはないでしょう。日本ではカジノが法律で禁止されているため、ギャンブルとしてのブラックジャックは馴染みがありませんが、世界のランドカジノでは、ブラックジャックは定番のテーブルゲームとして大いに愛されてきました。さらに現在では、インターネット配信を利用したライブカジノの普及も進み、場所を選ばずにカジノの臨場感とギャンブルの興奮を楽しむことができるようになったため、世界各国でますます人気の高まりを見せています。この記事では、そんなブラックジャックにまつわる様々なことについて紹介しながら、その魅力について再確認していきます。

無料でプレイ
  • 800以上のゲーム
  • しっかりした日本語サポート
  • 操作性抜群!

ブラックジャック(Blackjack)の歴史

引いたカードの合計値を、オーバーしないように特定の数字に近付けていくゲームは、ヨーロッパにおいて15世紀頃から登場し始めています。これらのゲームは、ブラックジャックの近縁といえますが、その直接的な起源となったゲームは17世紀前後にフランスで流行した「ヴァンテ・アン」であると考えられています。フランス語で、「ヴァンテ・アン」は「21」を意味しており、すでに現在のブラックジャックとよく似たルールがその頃からできあがっていたようです。後の19世紀、このゲームはアメリカに渡り、勝ち手によって賞金の配当が変化する特別なルールを付けて遊ばれるようになりました。そして当時のルールでは、特に配当が高く理想的な勝ち手であるとされていた、スペードのAとJにちなんで「ブラックジャック(Blackjack)」と呼ばれるようになったのです。

ブラックジャックが広まった先はヨーロッパやアメリカだけではなく、日本を含めて世界中で遊ばれていました。しかし、今のようなカジノを代表するほどの人気ゲームだったかというとそんなことはなく、数あるゲームのうちの選択肢の1つといった扱いで、長い間注目を集めることもありませんでした。しかし、1960年代に数学者がブラックジャックに関する確率論の研究を発表し、適切な戦略に則ったプレイによって、プレイヤーが高い期待値で勝つことができるゲームであると周知されるようになったことで、大きく状況が変わっていきます。確立した必勝法を駆使してカジノで稼いでやろうというプレイヤーが次々と現れ、対策を取るカジノとのいたちごっこを繰り返しながらも、爆発的にその人気を高めていきました。

あなたのためのカジノ ボーナス

  • ウェルカムパッケージで最大200000円!
  • ライバルプレイヤーとの戦いが熱くなる限定イベントも充実!
  • 有名カジノゲームプロバイダーによる500以上のゲームを楽しめる!

さらに、勝敗における配当は以下のように定められています。

  • 2枚で成立した合計値21で勝利: 賭け金の5倍
  • 手札がディーラーよりも強い:          賭け金の1倍
  • ディーラーの手札が21を超える: 賭け金の1倍
  • 同じ強さの手札による引き分け: 賭け金の返金

また、掛け金を超える額をプレイヤーが失う負け方は存在しません。これ以外にもプレイに絡めたいくつかの特殊な賭け方が存在していますが、そちらは次項のブラックジャックの用語で説明します。

© 2018 casinoluv.netはカジノガイドであり、いかなるカジノにも属しません