ブラックジャックの降伏「ブラックジャックサレンダー」(Surrender of Blackjack “Blackjack Surrender”)

カードの数の合計が「21」を超えないよう、「21」に近づけるブラックジャックのルールは世界共通です。ブラックジャック サレンダーとは、ディーラーがブラックジャックを確認した後に、最初の2枚のカードでディーラーのハンドに勝てないと思ったら、ハンドを放棄することを選択できる方法です。放棄した場合、プレーヤー側のハンドは自動的に負けることになりますが、ベットの半分が戻ってきます。オンラインでは「ジパングカジノ」「ベラジョンカジノ」「ワイルドジャングルカジノ」「777babyカジノ(ラッキーベイビーカジノ)」などでプレイすることができます。

ブラックジャックサレンダーのルール

  • ブラックジャックサレンダーの意味は、「無条件で賭金の半分を差し上げますので、この時点で降参させてください。だから賭金の半分は返してください」 というオプションだと考えればいいでしょう。
  • 最初の2枚を受け取った時点で「勝てない」と感じたらサレンダーすることで、賭け金の半分だけを受け取りゲームから降りることができます。ただし、最初の2枚のカードから「ヒット」してカードを追加してしまうとサレンダーはできなくなります。
  • サレンダーを宣言した場合は、ヒットもスタンドもせずにその時点でゲームから退くことになり、ディーラーはその場で賭金の半分を取り残りの半分を返してくれます。他のプレーヤーはもちろん通常通りゲームを続けることになります。

ブラックジャックサレンダーの戦略

サレンダー(surrender・されんだー)とは「降伏する」「降参する」「放棄する」という意味の言葉です。まさに文字通り 「ゲームの降参」 と解釈すればよいでしょう。ディーラーのアップカードが強く、自分に配られた2枚のカードが非常に弱い場合、賭け金の半分を差し出す代わりにそのゲームを放棄できる権利です。負けると感じたら「サレンダー」をすることで、損害を少なくすることができるので、ベット全部を失わなくて済みます。この作戦を実戦で使う場合の目安としては、自分の手が非常に弱い場合で、なおかつディーラーのアップカードが非常に強い場合です。具体的には例えば自分のハンドが「16」で、ディーラーのハンドが「10」または「A」の時にサレンダーを使った戦術が有効だと考えられます。逆に、自分のハンドが 「12」などの場合は次にヒットしてもバーストする可能性が 「16」 の場合に比べかなり低いので、確率論的にはサレンダーするべきではないとされています。

ベストカジノ






まとめ

ブラックジャックの人気の秘密は、スロットなどの運任せのゲームとは異なり、プレイヤーの技術や戦略によって勝負の流れを大きく変えることができる点にあります。つまり、プレイヤーによるゲームの「流れ」や「読み」が正確であれば、高い勝率をあげることができるのです。ブラックジャックでは、サレンダーできることによってリスクを抑えてプレイできるため、資金が少ない時や、ブラックジャックを始めたばかりの初心者の方、長時間じっくりプレイしたい方にはおすすめです。勝負に負けそうなときや残高が少ない時は、サレンダーという選択肢があることを頭に入れておきましょう。オンラインカジノでプレイするブラックジャックは、自宅に居ながらにして世界中のプレイヤーとの勝負が可能です。同じテーブルのメンバーみんなで、ディーラーとともに熱くプレイすることができますので、ぜひその興奮をあなた自身で味わってみてください。