ブラックジャックのカードを数える方法

ブラックジャックはトランプゲームの一種で、カジノで行われるカードゲームとしてはポーカーと並ぶ人気ゲームです。通常ブラックジャックをプレイするとき、ほとんどの方が、「次は良いカードが来そうな気がするな」とか、「次のカードはあんまり良くないだろうな」などという「勘」でベット額を変えたりしていると思います。そんな中、次に出てくるカードの予測ができたらなぁと思ったことはありませんか?「カードカウンティング」というスキルを身につけるとそれができてしまいます。次のカードが何かを正確に言い当てるのはなかなかマジシャンでもできませんが、次に出るカードの確率を出すことはある程度できるのです。カードカウンティングにはいくつかのバラエティがあり、かなり正確なカウントが行える方法もありますが、それには訓練が必要です。また、正確性は少し劣るものの、簡単に行えるカードの数え方もあります。

2019年の最高のカジノ

  • 5回連続ボーナス
  • 監視トーナメントバトル!
カジノエックスオンラインカジノ Casino-X

無料プレイあり!

今すぐ登録

無料プレイあり!

今すぐ登録

フォーチュンジャック (Fortune Jack)

三よめえあ対指ヱキノヲ善
  • 35 € 無料!デポジットは必要ありません
  • 5回連続ボーナス

ボブカジノ(Bob Casino)

三よめえあ対指ヱキノヲ善
  • 40 ムプロバイダ の 1265 ゲームがあります
  • 2番目のデポジットで€50 /€200まで

ジョイカジノ(Joy Casino)

三よめえあ対指ヱキノヲ善
  • 100%ボーナス、最大EUR 2000
  • 150%ボーナス、最大EUR 300

どのカード・カウンティングシステムを使えばいい?

ブラックジャックのやり方と言えば、ジョーカーを除く52枚のトランプカードを1デッキとし、1デッキ~複数のデッキを使用するカジノゲームとなっています。このトランプカードが持つ数字とは別に、ブラックジャックでは特殊な数字の数え方を行います。「2~9」のカードをそのままの数で計算し、「10」「J」「Q」「K」のカードを「10」として計算し、「A」のカードを「1」もしくは「11」として計算します。ブラックジャックでは数値が「10」として扱われるカードが非常に多く含まれているんですね。そのため、「10」「J」「Q」「K」の「10」の役割を持つカードがシューの中にどのくらい残っているかを把握することがカードカウンティング法において最も重要なポイントとなっています。カードカウンティングには様々な方法があります。次の項目で、初級から上級までの主なシステムをご紹介していきますのでご自分に合った方法を試してみてください。

システムの種類と仕組み

  1. カジュアルシステム・・・誰でも気軽に扱えるように簡単な仕様で作られたカウンティングシステムです。頭を使いながら理論的に行うのではなく、主に感覚だけで行う方法となります。数値の高いカードが多く場に出ていると感じたら積極的に勝負し、数値の低いカードが多く場に出ていると感じたら慎重にゲームを進めます。カジュアルシステムはあくまでこれだけで、他の難しい事は考えません。初心者でもやりやすい、基礎中の基礎と言えるカウンティング方法です。難しいシステムを使う際にも応用出来る入門的な立ち位置にあります。
  2. K-Oシステム・・・「ケーオーシステム」または、「ノックアウトシステム」と呼ばれており、カウント値を使ったシステムの入門的な立ち位置にあるシステムです。「ハイローシステム」と似て非なるものです。「ハイローシステム」のカウント値では、「2・3・4・5・6」を+1としましたが、K-Oシステムでは「2・3・4・5・6・7」までを+1とカウントします。結果的に、±0としてカウントするのが「8・9」の2つとなります。カウント値の合計によって、以下のようにプレイスタイルを変える特徴があります。カウント値の合計が+2以上となった場合は積極的なベットへ移行し、カウント値の合計が+2未満となった場合、慎重なベットへ移行します。
  3. レッドセブンカウント・・・ハイローシステムを基軸に、赤の7を特殊な扱いとするカウンティング方法です。ベーシックなカウンティングに慣れて来たら挑戦したい、中級者への第一歩を踏み出すのに最適なシステムになります。カウンティングの基本はハイローシステムと同じですが、レッドセブンカウントでは、「7」のカードのカウント値を色によって分けます。赤色の7が出れば+1、黒色の7が出れば±0とします。また、「シューのデッキ数×-2」がスタートのカウント値となりますので注意してください。大体は6デッキで組まれているので、その場合は6×-2で-12からカウントを始めます。カウントをスタートし、マイナスが減って「0」に近付いた時をチャンスとして見極めます。レッドセブンカウントでは、他にもインシュランスやダブルダウン等、細かいアクションのタイミングについても決められています。
  4. ハイオプトワン・・・メジャーなハイローシステムとは少し異なった分け方でカードをカウントする、1デッキ専用のカウンティングシステムです。より精度が高まった、中級者向けの方法です。カウンティングとしては、「2」と「A」を±0としてカウントするのが特徴です。こうする事で更に精度の高いカウンティングが実現します。ハイオプトワンでは上記のカウントに加えて、更に2つの方法を取り入れる事で精度をより高めて行きます。1つ目は「Aのサイドカウント」です。Aはブラックジャックの中でも「1もしくは11」と言う特殊な数え方をする立ち位置にあります。特殊なカードは特殊なカウントで分けて考えて上げる事で、より精密なカウンティングが可能となります。2つ目は「トゥルーカウント」で、カウント値でシューの残り枚数を割ったものを指します。例えば、カウント値が-2でシューの残りが20枚の場合、(-2)÷20で-0.1となります。この値が大きいほどチャンスがあると言う事が分かる、特殊な要素をもっています。
  5. ハイオプトツー・・・カウント値を4つに細分化して更なる精度を追求した上級者向けのシステムで、追加要素はハイオプトワンと同じになります。カウンティング法としては、-1@を省いて、新たに+2・-2の数え方を導入しています。Aを±0とカウントしているのが特徴で、この部分が更なる効果を発揮するポイントとなっています。追加要素についてはハイオプトワンと同じです。
  6. ゼン・・・カウント値を4つに細分化して更なる精度を追求した、上級者向けのシステムです。カウント値や追加要素にトゥルーカウントがある点は、ハイオプトツーと似ていますが、ゼンではAのサイドカウントを不要とするのが特徴です。カウンティング法としては、ハイオプトツーでは±0としてカウントした「A」のカードを、このシステムでは-2とカウントします。±0・+1・+2を見ると、カードがバランスよく配置されている事が分かります。このシステムは、安定感に重きを置いたものとなっており、非常に信頼度の高いカウンティングとなっています。追加要素についてはハイオプトワン・ツーと同じ「トゥルーカウント」を用います。ハイオプトツー・ゼンシステムともなると、ある程度カウンティングに慣れたのプレイヤーでなければ習得が難しいシステムになりますが、繰り返しゲームを行う中でじっくりと覚えてください。

あなたのためのカジノ ボーナス

  • ウェルカムパッケージで最大200000円!
  • ライバルプレイヤーとの戦いが熱くなる限定イベントも充実!
  • 有名カジノゲームプロバイダーによる500以上のゲームを楽しめる!
© 2019 casinoluv.netはカジノガイドであり、いかなるカジノにも属しません