テキサスホールデムポーカーガイド

テキサスホールデムは世界中で支持されているポーカーで、プレイヤーの数も1億人を超えるといわれています。テレビで放映されたことで人気に火が付き、ランドカジノ、オンライン共に世界で最も人気の高いポーカーゲームとなりました。テキサスホールデムでは、各プレイヤーにカードが裏向きに2枚配られ、相手がそのカードを見ることができます。その後5枚のコミュニティカードが表向きに配られますが、このコミュニティカードは全てのポーカープレイヤーが共用できます。2人のポーカープレイヤーが、スモールブラインドおよびビッグブラインドを置くと、ハンドが開始され、ゲームが始まります。ハンドは4回の ベットラウンドで決まります。テキサスホールデムはフロップポーカーの一種で、フロップポーカーはテーブルにコミュニティカードと呼ばれる参加者全員が自分のハンドとして使える共通のカードがあるのが特徴となっています。

テキサスホールデムのルール

  1. 参加者全員に伏せたカードが2枚づつ配られます。
  2. プレイヤーは2枚のカードを見て、他のプレイヤーに勝てると思ったらチップを賭けることができますし、勝てないと思ったら降りることもできます。 順番に全員の判断を決定していき全員の賭け金が揃ったら、ディーラーの前に表向きにカードが3枚配られます。
  3. 各プレイヤーはその場に出された3枚と自分の持っている2枚のカードを合わせ、前回と同じように賭けるか降りるか判断します。
  4. 全員の賭け金が揃ったらディーラーが表向きにカードを1枚配ります。場に配られている4枚のカードと、自分の持っている2枚を使って、前回までと同じように賭けるか、もしくは降ります。
  5. 全員の賭け金が揃ったらディーラーが表向きにカードを1枚配ります。この場に配られた5枚のカードと自分が持っている2枚で賭けを行います。前回までと同じように賭けるか、もしくは降ります。
  6. 最終的に残っているプレイヤー同士で場の5枚、手持ちの2枚のカードの合計7枚のうち、5枚でポーカーの役を作り、誰が強いかで勝敗が決定します。勝ったプレイヤーが今までの賭けで貯まったチップを獲得します。途中で自分以外のプレイヤーが全て降りてしまった場合も残ったプレイヤーが勝ちとなります。

テキサスホールデムのベッティングルール

自分の順番が回ってきた時に取れる行動は大きく分けて「前の人同じ金額を賭ける」「金額を上乗せする」「降りる」の3種類があります。これらの行動はベッティングアクションと呼ばれ、フォールド、チェック、コール、ベット、レイズ、オールインの6つがあります。

最後に

テキサスホールデムを面白くしている要素として「心理」と「戦略」という2つの要素があります。相手の心理を読み取るのがうまいプレイヤーは、相手の手札の強さを正確に予測することができるともいいます。また、戦略的な要素として、誰からどのようにしてチップを奪うかなどという計画を立てることが必要となってくる時があります。自分と相手次第で戦略が無限に広がるという面白さがあるのです。テキサスホールデムは韓国やシンガポール、マニラ、ラスベガスといった海外カジノでプレイすることができます。日本でプレイできるのはオンラインとなり、日本にいながら世界のプレイヤー達とつながり、現金を賭けてプレイすることができます。無料でテキサスホールデムを遊ぶことができるオンラインサイトも数多くありますので、ぜひトライしてみてください。